6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報

9月25日(水)、「京都市に住む私たちが日々使っている水道水は、どこで、どのようにしてきれいにされているのかを確かめる」を目的に、蹴上浄水場まで社会見学に行きました。昨年度は「京都市で日々利用している水が、琵琶湖から、どのようにしてやってきているのか」を調べるために、大津市浜大津の取水口から蹴上までの琵琶湖疏水を歩いて確かめる社会見学をしていましたので、その続編です。蹴上浄水場の方に、丁寧に教えていただき、琵琶湖からきた水が、たくさんの工程を経てきれいにされていることがよくわかりました。特別に、ろ過池のたくさんの砂・砂利を洗浄するところを間近で見せて下さいました。とても迫力があり、面白かったですよ。最後には、たくさんの質問をして、多くのことを教えていただきました。事前学習のかこさとしさんの絵本の読み聞かせ、校内の水道管確認、ろ過実験などを含めて、とても身近でなくてはならない「水」について、知見を広げ、深める機会となりました。





 秋・・と言うには,暑すぎるほどの一日でした。電車を乗り継ぎ,ようやく鞍馬寺の山門に到着。まだまだ先は長いのに「疲れた!」の声もちらほらと聞こえてきました。登り始めると,友達とにぎやかにおしゃべりできるほど元気がもどってきてひと安心しました。
 本殿では,住職さんにお寺の歴史や自然について教えていただきました。楽しい遠足となりました。



社会科で「商店のはたらき」について学習した3年生。学習する中で生まれた疑問を解決するために,学校近くにあるスーパーマーケット「KOHYO」さんにお世話になり,店内を見学をさせてもらいました。
見学してみると,商品棚には素敵な季節の飾り付けがしてあったり,お客さんがスムーズに買い物できるようにわかりやすく表示がしてあったりと,教科書を見ているだけではわからないたくさんの工夫を見つけることができました。
また,お店の方が魚やお肉をさばくところを見せてくださったり,お仕事中にも関わらず親切に質問に答えてくださったりしたおかげで,みんな学習をより深めることができ,とても貴重な時間を過ごすことができました。学んだことは,新聞やリーフレットにまとめていきます。





 いよいよ紫翔祭に向けた練習も活気を帯びてきました。本日は、3・5・7年生・に組で綱引きを行いました。7年生を中心に、本番に向けて、どのような作戦が立てられるのでしょうか。



紫翔祭に向けてどのクラスも練習に取り組んでいます。
8年生は,ムカデ競争と4年生と一緒にお神輿リレーを行います。合同練習では,4年生に優しく話しかけ,手をつないでリードしている頼もしい姿が見られました。