6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報


今年の登校日も残すところあと1日。12月17日に学年会を行いました。
6年生は,年明けから教室の場所が変わります。新しい教室の使い方や動線の確認などを行いました。
また,冬休みの過ごし方などを確認して・・・


後半は,代議委員(各クラス代表の2人×3クラス)による企画,学年全体での三角ドッジボールを行いました。
これまで合唱コンクールや紫翔祭,紫友祭などクラスで団結する行事は多かったのですが,意外に少なかったのが,今回のようなクラスが混ざり合っての活動です。各チームに3クラスから10人か11人ずつ集まって,3チーム同時,クラス入り乱れのわいわいごちゃごちゃドッジボールでした。




クラスごとのカラーは確かにあると思います。しかし,さすが6年間同じ時間を過ごしてきたメンバーです。ごちゃ混ぜチームになっても,いつも通りの楽しそうな顔でわいわいしていました。
2月末にはスキー宿泊合宿があります。その時もクラスを横断してグループが組まれます。今回のような学年全体の活動をさらに重ねていき,力いっぱい楽しむ合宿にしたいと思います。


本日、今年最後の学年生活がありました。
司会進行はすべて代議が中心になって進めてくれました。
最初にタイ国代表生徒によるパフォーマンスを鑑賞し、代表生徒から一人ずつタイ国訪問に向けての決意表明をしてもらいました。
最後に代議から今年の振り返りと来年に向けての話がありました。
パフォーマンスでは、音楽に合わせて手拍子をしたり、タイの人達に喜んでもらうにはどうすれば良いかなど意見交換もできた学年生活でした。




 13日(金)の5時間目に,大掃除がありました。毎日使っている教室や廊下,本棚,黒板などをピカピカに掃除しました。自分たちで,進んで掃除に取り組むことができていました。




 12日(木)人権参観・懇談会がありました。2年生は思いやりをテーマとし,「ないた赤おに」の授業を行いました。赤おにの気持ちを考え,友だちとは何かについて,考えを深めていきました。


12月3日(火)は,これまで学年で練習してきた「3年生 オータムフェス!」の発表がありました。
歌に踊りに,楽器の演奏,セリフ,手話,紙飛行機・・・と,たくさんのことを同時進行で進めなければなりませんでしたが,一人ひとりが本当によくがんばりました。
特に合唱では,本番直前まで,地声になってしまわなにようにと真剣に練習に取り組む姿が見られました。
そうして迎えた本番。元気いっぱいの歌と踊りから始まり,「生命の奇跡」の合奏では,坂井先生の指揮を見ながら集中して演奏することができました。最後の「365日の紙飛行機」の合唱では,美しい声を体育館にしっかりと響かせることができました。今までで一番の出来でした。
今回の取り組みを通して,学年としての団結力をより深めることができたのではないかと思います。