6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報

えがおのたね⑪「紫翔祭をおえて」
初めての紫翔祭。98名そろって終えることができました。子ども達のふりかえりには「まけても,あおぐみ しろぐみは,わたしたちに はくしゅをしてくれました。」や「みんな ささえてくれて ありがとう。」など嬉しい言葉がたくさん見られます。また「おどっているときに,おかあさんのほほえみがうかびました。」や「おべんとうが おなじのをなんかいも たべたいくらいおいしかったです。」など,今回応援に来てもらうことは出来ませんでしたが,やはりお家の人との繋がりを感じさせるものが多く見られました。
初めて見た初等部全員集合の行事は,1年生たちにとって,きっと上級生への“憧れの種”にもなっていくことと思います。そんな大切な瞬間を,全員で過ごせたこと。こんなに嬉しいことはありません。この過酷な状況下で,体調管理をしてくださった各ご家庭に,心からの感謝を届けたい。私達担任団にとっても,そんな思いになる幸せな紫翔祭でした。
1年生のみんな。ステキなししょうさいになりましたね。「ありがとう!!」

本日で前期修了となります。後期も1年生は,みんなで一歩ずつ歩んでいけたらと願っています。



10月にしては気温も高く,天気にも恵まれ,激戦を迎える7年生にとっては大変すばらしい紫翔祭となりました。コロナ禍で迎えた2年目の紫翔祭でしたが,達成感のあったものとなりました。個人競技やD組演技もありましたが,各クラスが団結しながら熱い戦いが繰り広げられ,まさに一人ひとりが輝いたことでしょう。総合優勝は赤組です。おめでとうございます!ここで団結した気持ちを胸に,次の行事へとつなげていきます。


理科の学習では、「かげの向き」「太陽のいち」「地面の温度」について調べています。学習のはじめに、「かげふみ遊び」をしました。そこから、課題をみつけて学習を進めていきます。太陽のいちがかわると。それに合わせてかげのいちも変わります。このことを利用した道具が日時計ですね。身のまわりの日時計には、どのような形をしているものがあるか、調べてみてもいいですね。





2年生にとっては,初めての紫翔祭でした。
おそろいの新しいTシャツにそでを通し,朝からみんな気合が十分でした。
個人走では,昨年度の紫輝祭より長い距離の80mをゴールめがけて最後まで力いっぱい走り切りました。
また学年種目では、大玉運びに挑戦!
練習では,何度も大玉を落とし,うまく運ぶことに苦戦していましたが学級で作戦会議をしたり,
練習を重ねたりするごとにとても上手になっていきました。
本番では,どのクラスも全員で声をかけあい心を合わせて運びきることができました。

とても暑い中での紫翔祭でしたが,勝っても負けても,最後まで仲間を応援する姿が見られ、
みんなでそれぞれのがんばりを認め合いながら,最高の紫翔祭にすることができました。


 紫翔祭が終わりました。この日のために,学年種目を1ヵ月間練習してきました。4年生は,「特別な日の自分より,いつもの自分」を意識して取り組みました。一生懸命競技・演技にはげみ,みんないい表情で活動することができました。一人一人が力を出し切った紫翔祭になりましたね。