6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報 - に組・D組

12月3,4日に紫友祭がありました。に組・D組作品展も多くの人が入場してくださいました。
また,に組・5,6年D劇「おむすびころりん」,7・8・9年D組劇「北山ロボット」が上演されました。

子どもたちのがんばりが伝わってきて、どちらもとてもすばらしい劇になりました。
お家の方だけでなく,先生方や友達からも劇についてのよかったよという感想をもらいました。


9月25日(水)、「京都市に住む私たちが日々使っている水道水は、どこで、どのようにしてきれいにされているのかを確かめる」を目的に、蹴上浄水場まで社会見学に行きました。昨年度は「京都市で日々利用している水が、琵琶湖から、どのようにしてやってきているのか」を調べるために、大津市浜大津の取水口から蹴上までの琵琶湖疏水を歩いて確かめる社会見学をしていましたので、その続編です。蹴上浄水場の方に、丁寧に教えていただき、琵琶湖からきた水が、たくさんの工程を経てきれいにされていることがよくわかりました。特別に、ろ過池のたくさんの砂・砂利を洗浄するところを間近で見せて下さいました。とても迫力があり、面白かったですよ。最後には、たくさんの質問をして、多くのことを教えていただきました。事前学習のかこさとしさんの絵本の読み聞かせ、校内の水道管確認、ろ過実験などを含めて、とても身近でなくてはならない「水」について、知見を広げ、深める機会となりました。



9月11日(水)、に組と5・6Dは、観光バスに乗り京都市青少年科学センターに行きました。先輩と後輩がグループになり、一緒に常設の展示物を見たり、操作したりして楽しみました。特設コーナーの空気砲で遊んだり、生き物コーナーでザリガニ・メダカ・ナマズ・イモリ等と触れ合ったりして楽しみました。4年生は実験室学習で浮沈子を作り、遊びました。最後にプラネタリウムで、星座や月について学習し、自分たちが描いてきた月と実際の形や模様を見比べたりしました。科学センター学習を通して、たくさんの不思議と出会い、いろいろな物に興味をもってかかわり、楽しむ様子が見られました。あわせて、先輩が後輩を優しく気づかいながら誘導したり、後輩が嬉しそうに先輩に甘えたり、といったかかわりの姿がたくさん見られました。

毎年恒例のこの行事、子どもたちにとって、とてもよい時間となりました。



7月8日(月)は、3,4時間目にに組D組の水泳大会が行われました。暑すぎず暖かい、絶好のプール日和でした。
洗濯機で流れる水に乗って泳いだり、わっかをくぐってゴーでペアで手をつないでゴールを目指したり、宝探しで水にもぐったり、ビート版リレーでチームで競争したり、水しぶきをあげながら、水がかかったり、水をかけあったり、いろんなゲームをして、プールを満喫しました。

次回は第4回スマイルフレンドタイム、78Dのゲームに加えて、56Dの考えたゲームも加わる予定ですよ。


7月5日に、789Dで、島津アリーナで行われた合同球技大会に参加してきました。午前中のバレーボール1では附属京都チームがCコートで3連勝で見事優勝しました。ドッチボールも2チームに分かれ、他の学校の生徒と合同チームを組んで仲良く、楽しみました。

9年生を中心とした
試合の合間にはミーティングをする熱心さ
ミスした仲間に「ドンマイ」「次々」と声をかける優しさ
体育の時からうまくなるために一生懸命頑張る前向きさ

どれもすばらしかったです。


なにより一週間前の合同生活での目標
「合同球技大会でバレーボールとドッジボールの2つの競技で優勝するのも大事ですが、他の学校の人たちとも仲良くしたい」という高い目標も達成できていたように思います。負けた試合もあって悔しい気持ちもあったようですが、またそれは来年への糧としてもらえたらと思います。