6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報 - 初等部給食室から

12月8日の給食は、世界の味めぐりの日でした。
12月は「カナダの料理」を紹介しました。
 メニュー は「サーモンのメープルシロップ風味焼き」「ピースープ」「ミルクパン」「牛乳」「米粉メープルマフィン」です。
 「サーモンのメープルシロップ風味焼き」は、メープルシロップ、レモン汁、塩、黒コショウを混ぜ合わせたなかにサーモンを漬け込み、オーブンで焼き、さらにメープルシロップ、レモン汁、しょうゆでソースを作り、焼きあがったサーモンにかけました。ソースの出来上がりが少し濃くなってしまい、かける量を控えめにしました。カナダでは、メープルシロップはお菓子だけはなく、料理にも使われるそうです。少し甘い香りのメープルシロップとレモンの香りでしっとり焼き上がったサーモンは食べやすく、好評でした。
 「ピースープ」は皮を剥いて半分に割ったえんどう豆と野菜を煮込んだスープで、カナダの家庭料理です。お豆が苦手な人もいますが、ほとんど残っていませんでした。



11月13日(金)の給食は徳島県の郷土料理でした。
 献立は、「ふしめん」「鶏のすだち風味焼き」「ごはん」「牛乳」デザートは「みかん」でした。
ふしめんには、たっぷりの煮干しとかつおぶしで取っただしで、季節の野菜の大根、人参、水菜と生しいたけ、ちくわ、油あげ、とうふを煮込み、さっと茹でた「ふしそうめん」をまぜて出来上がりです。調味料は、みりん、薄口しょう油、塩だけの、とてもシンプルな味付けでしたが、風味豊かに仕上がりました。たっぷりできましたが、ほとんどのクラスが完食でした。
 鶏のすだち風味焼きは、旬のすだちを輪切りにして、鶏肉の下味にいっしょに漬け込みました。肉の臭みを消し、しっとり焼き上がりました。
 給食委員さんからの徳島県についての放送も、みんなしっかり聞いていました。



 10月28日(水)の給食は青森県の郷土料理を出しました。
 10月の給食目標は「旬の食べものを味わおう」です。秋は「味覚の秋」といっていろいろな食べものが「旬」を迎えます。今月はりんごの生産高日本一の青森県の郷土料理を紹介しました。
 青森県の郷土料理「せんべい汁」を作りました。 せんべい汁に入れるせんべいは、小麦粉と水で作られたせんべい汁用のものです。丸いせんべいを細かく割り、煮干しとかつおぶしでとっただしに秋野菜や鶏肉、油あげ、ちくわを煮込み、最後に割ったせんべいをたっぷり入れて、柔らかくなるまで煮込んだ、具だくさんのおつゆです。たくさん作りましたが、ほとんど空っぽになっていました。
 デザートのりんごは、給食調理員さんが、1個1個丁寧に洗っています。
 りんごの品種は、日本だけで約2000種類もあるそうです。お店にはこんなにも並んでいませんが、よく見るといろいろな名前のりんごがあります。香りや食感もさまざまです。この秋、いろいろなりんごを食べ比べてみてはいかがでしょうか。



 10月20日、今年度2回目の世界の味めぐりをすることができました。
 10月は「スウェーデンの料理」でした。
 メニューは、「ミートボールの豆乳クリームソースがけ」「ピッティパンナ」「バターうずまきパン」「牛乳」デザートは「ブルーベリーゼリー」です。
 ミートボールは、給食室での手作りです。ひとつひとつ丸めて、オーブンで焼きました。ミートボールにかけるクリームソースは、牛乳で作るのですが、みんなが食べられるように、豆乳とトリガラで取ったスープをまぜて、とろみをつけたソースです。本当は、マッシュポテトとジャムもまぜながら食べるそうです。ミートボールは塩とナツメグだけのシンプルな味付けでしたが、ほとんど残食はありませんでした。
 ピッティパンナは、ハム、ソーセージ、じゃがいも、玉ねぎのソテーです。仕上げにバターを混ぜますが、マーガリンに変更です。ポーチドエッグをのせて混ぜながら食べるのですが、作ることができないのでソテーのみでした。
 10月19日から3年生と4年生は、給食当番による給食配膳が始まりました。教室をのぞいてみると、どのクラスも楽しそうに、張り切って配膳していました。みんな当番ができることを心待ちにしてくれていたんだと、改めて感じました。



9月29日、やっと今年初めての世界の味めぐりをしました。今月はインドの料理です。1年生にとっては初めてのお楽しみ献立でした。玄関にポスターを掲示をすると、登校時にみんなが見てくれていました。
 今日の献立は「豆入りキーマカレー」「タンドリーチキンとゆで野菜のサラダ」「ナン」「牛乳」デザートには、小麦・乳・卵を使用していない「米粉のチョコクレープ」でした。キーマカレーに入っている豆は白いんげん豆で、乾燥した豆を朝いちばんから給食室で柔らかくなるまで茹でたものです。スープはトリガラを煮込んだものです。「ナン」は給食用に作られたもので、サイズは大小2種類あり1年生、2年生に大きいサイズのナンを1枚ずつ、3年生、4年生には小さいサイズのナンを2枚ずつ付けました。1年生は食べきれるかなあと、心配しましたが、担任の先生から「ペロッと食べていましたよ。」と言われ安心しました。少しスパイシーなカレーでしたが、とても好評でした。
給食委員さんにも放送でインドの料理の紹介してもらいました。自分たちで考えたクイズもあり、みんなしっかり聞いてくれました。