6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報 - 5年生


ABCD組の七夕交流会を開きました。
事前に願い事を書いた短冊や笹竹への飾りをそれぞれ用意ました。
そして,交流当日は,お互いの願いを交流して,笹竹への飾り付けを行いました。
上の写真はクラスで飾りを作るときの一場面です。



上の写真は,お互いの願いを交流する場面。
全員の願いを聴き合う時間はとれず,一部の子どもだけでした。
しかし,その後,飾り付けをしながら笑顔でお互いの願いを紹介し合っていました。



願い事は,身近なものから世界規模のこと。
そして,このご時世ですのでコロナのことやコロナで我慢していることなどなど。
どれも子どもたちの率直な思いが現れていて,なんだか読んでいるとホッとします。

お互いの願いを交流してほっこりしたり,飾りつけでわいわい笑顔になったり,良い交流会になりました。



新しいクラスメイト,今年度からの東校舎,そして,何より久々の学校。
普段の学校の気もします。しかし,マスク,消毒,2席開けての集合,バラバラの教室の座席,と前の学校とも少し違います。
朝,登校してきた子どもたちは,少し不思議そうな,けれど安心したような表情でした。

本日は短い時間で,なかなかゆっくりクラスで話すことはできていません。
しかし,休校が明け,学校が始まった実感を共有できたと思います。
始まってしまえば,驚くほどすぐに「そうそうこんな感じ」と日常に戻ります。
そんな日常が大切なことを思いながら,一日一日を大切にしていきたいと思います。

6月1日,次週の本格的な学校のスタートが楽しみです。

では,問題に挑戦の回答です。
2問目がなかなか強敵でした。






先日アップロードした理科の課題ですが,データを軽くする際に画像が乱れてしまいました。申し訳ありません。
今回,部分的に画像を抜いてデータ量を下げ,画像をみることができるものを再度アップロードします。
なお,文章などは全く同じです。参考程度にご利用ください。
また,classroomの中にも,5月25日配布の高解像度版を課題としてアップロードしています。ご活用ください。



まずは前回の問題の解答から。
思考の枠を破る!というとかっこいいですが,様々な視点,階層で同時に考えること,これが大切ですね。

次週,登校日があり,再来週からいよいよ学校が始まります。
これまで出してきた課題,問題でご家庭に何を伝えたかったか。
 「まずはやってみる,考えてみる」
 「分からないを,そして,考えることを楽しむ」
 「家族でわいわい考えを共有して,それぞれの違いが学びを促進することを実感する」
などなどです。

学校が始まったら,すぐにでもこの三つを実践して,学びのある楽しい場所にしたいと思います。
ただし,当面はこの状況下なので,グループで向かい合って,わいわい笑顔でお互いの考え,学びを共有するという行為が,物理的には難しいかもしれません。そんなもどかしさは残りますが,そこはなんとかあの手この手で,乗り越えていきたいと思います。

では,今週の問題に挑戦です。
1問目は「とにかくやってみる」「ありえない,を消していく」です。
2問目は「ラベル付」がヒント。本題は「コンピューターの世界」がヒント?




昨日は課題や配布プリントを受け取りに来ていただきありがとうございます。
月曜日に新しい課題。そして,水曜日に解答やヒントなどのコメント。そして,金曜日にグループミーティング。
流れが少しずつ見えてくると同時に,なんだか学校が始まる兆しのようなものが感じられてきました。

今回は,個人でのネット面談や昨日のご家庭の方から「ホームページの問題に頭を捻っています」「家族総出で楽しんでいます」「解答を!」という声をいただきましたので,遅くなりましたが【解答編】として最初の3問についてアップしたいと思います。
なお,画像は拡大できますので見えにくい場合はご利用ください。