6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

教育システム

6-3制の小学校・中学校から
4-3-2区分の9年生「義務教育学校」へ移行

本校では,2002年度より小中一貫教育の教育課程と学校システムの研究に着手し,2003年度より6年間,文部科学省研究開発学校指定を受け,研究をすすめてきました。そして,2010年度よりキャリア教育を中核に据えた小中一貫教育学校としてスタートしました。小中の学校施設を一体化し,小中9年間を通して,生徒一人一人のキャリア発達能力に焦点を当てた教科授業をはじめ,様々な教育活動を展開してきました。そして,2017年4月1日より国立大学の附属学校で最初の「義務教育学校」に移行しました。これからも子どもの育ちを9年間で見つめるなかで,現代社会に生きる力を育成しています。



初等部(1~4年)では,学級担任制を基盤に基礎・基本の徹底を図ります。1~4年生は各クラス担任とは別に学年担当を1人おいています。
中等部(5~7年)では,教科担任制を取り入れ,生徒一人一人の学力の定着を図ります。7年生に向けて徐々に完全教科担任制に移行していきます。また,中等部生徒は学校生活の本拠を高等部生徒とともにすることで,小中ギャップを解消し,より高い目標を持って努力していきます。
高等部(8・9年)では,生徒一人一人に合わせて個性や能力を伸張します。一人一人が持つ将来の夢の実現に向けて努力する生徒を育てます。

キャリア教育を中核に据えた9年間の義務教育学校で,
未来の社会に躍動する生徒への育成を目指します。


急速にグローバル化,情報化する21世紀型社会において,社会の変化に対応しつつ,主体的に社会と関わり,国際社会の形成者として必要な資質・能力を,上の5つの柱を中心として総合的に育成します。
わたしたちは,「現代社会に積極的に生きるための学校教育を再構築すること」を念頭におき,9年間の義務教育学校として,従来よりも長期的な積み上げの中で子どもたちの夢を実現していきます。
そのために大きな柱となるのは,子どもたちの“キャリア形成”を支援する学校づくりです。それは,子どもたちが“夢をもって自分の将来や社会について考えることのできる学校づくり”です。
これは,常に先進的な教育のあり方を模索し,提案してきた,130年を越える歴史と伝統をもつ本校だからこそ実現できる教育なのです。