6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報

 7月17日(水),日新電機株式会社の方に来ていただき,電気とエネルギーについて体験させていただきました。
 様々な発電方法がありますが,大きく分けると「太陽光発電」と「発電機の回転による発電」。ここから2つの発電の違いを実際に体験しました。



 梅雨の中,天気が心配でしたが,台風の影響で奇跡的に晴れて太陽光発電を存分に楽しむことができました。実際に発電している電気量を確認することができ,太陽光パネルを傾けたり,パネルに影を落としてその影響を見ながら発電していることを実感することができました。



 そして,次は回転による発電です。15分間クラスのみんなで交代しながらペダルをこぎ,発電しました。一人30秒程度でしたが,思いっきりこぎ続けると,なかなか厳しく「太ももの表も裏も痛い…」「これは大変だ」と発電の大変さを実感していました。
 また,発電以外にも,実際にソーラーカーに乗って,電気を使うこともしました。(写真下)



 最後の質問時間には,沢山の疑問が出されました。
「電機はつけっぱなしと適当に切ったりつけたりするのでは,どちらがより消費されるのか」
「送電による電気のロスはどのくらいあるのか」
「なぜ発電できるのか」などなど。
 時間が来て,いったん解散した後も,何人かの子どもたちが残ってさらに質問する姿がありました。
 実際に体を動かしながら興味を引き出していただきました。昨年度の「電磁石」の学習。また,今年度の「発電(電気の性質とその利用)」の学習,そして,今回の「エコ発電体験教室」。これらをつなげながら「電機,エネルギー」の学習を深めていきたいです。




7月18日(木)5年生の総合学習がスタートしました。
テーマは「京都」について考える。自分の身近な暮らしの中や地域の取り組み、様々な場面に焦点を当てて、自分でテーマを設定します。
夏休みの課題は、テーマについてまとめるための資料集め。新聞やニュース、インターネットから情報を集めます。
夏休み明けはグループに分かれ、決定したテーマを新聞形式にまとめます。



 7月12日(金)に京都の蛇塚古墳,天塚古墳,そして広隆寺の見学へ行ってきました。
 おりしも,百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に登録されたばかりです。授業では,そんな話も交えながら,古墳とは何か,何の目的で造られたのか,など考えてきました。そして,いよいよ古墳の見学です。

 上の写真は天塚古墳です。実際に古墳の周りを歩き,古墳の形を感じることができました。さらに,石室に入ると外と違う不思議な雰囲気を感じることができました。



 こちらは蛇塚古墳。現在残っているのは石室のみですが,先に訪れた天塚古墳の石室と比べることで,造られた当時の大きさを想像することができました。



 そして,最後が広隆寺です。
 この広隆寺にへ向かう途中,「京都の町は平安時代?じゃあ古墳時代は?」「その頃は今とは大分違う土地だったのかな」など京都と古墳を結び付けて話す様子も見られました。
 この最後の広隆寺と二つの古墳のつながりを聴き,その時代の秦氏の力の大きさなどを想像しながら散策を楽しむことができました。


今日は,「夏のお楽しみ献立」。ハンバーガーを自分で作って食べます。美味しい手作りハンバーグに手作りソースがかかっていて,パンにはさむとはみ出すほどの大きさです。そこにピクルスものせて,大きな口でぱくり。口の周りはソースだらけですが,かぶりつけるハンバーガーは子どもたちに大人気でした。






 7月9日(火)に音楽鑑賞教室がありました。色々な楽器を使って,すばらしい演奏をしていただきました。一緒に手拍子をしたり,歌ったりして音楽鑑賞を楽しみました。アンコールでは,「パプリカ」の曲を演奏していただき,会場が盛り上がりました。