6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報

今日の給食は和歌山県の郷土料理です。鯨漁発祥の地として知られる太地町の郷土料理「鯨の竜田揚げ」を作りました。朝,登校してきた子どもたちは『え〜くじらなんて,食べたことない〜』と不安そうでしたが,給食後『ものすごくおいしかった!』と言ってくれました。給食室では小さくカットされた冷凍鯨肉にしっかり下味をつけて片栗粉をまぶして,一切れ一切れ丁寧に油で揚げました。カリカリ・サクサク,とてもジューシーで,どのクラスも完食でした。






9月11日(水)、に組と5・6Dは、観光バスに乗り京都市青少年科学センターに行きました。先輩と後輩がグループになり、一緒に常設の展示物を見たり、操作したりして楽しみました。特設コーナーの空気砲で遊んだり、生き物コーナーでザリガニ・メダカ・ナマズ・イモリ等と触れ合ったりして楽しみました。4年生は実験室学習で浮沈子を作り、遊びました。最後にプラネタリウムで、星座や月について学習し、自分たちが描いてきた月と実際の形や模様を見比べたりしました。科学センター学習を通して、たくさんの不思議と出会い、いろいろな物に興味をもってかかわり、楽しむ様子が見られました。あわせて、先輩が後輩を優しく気づかいながら誘導したり、後輩が嬉しそうに先輩に甘えたり、といったかかわりの姿がたくさん見られました。

毎年恒例のこの行事、子どもたちにとって、とてもよい時間となりました。


9月のお楽しみ献立「世界の味めぐり(3回目)」は,ギリシャ料理です。ギリシャで一般的に食べられている「ムサカ」を作りました。ゆでたじゃがいも,炒めたなす,ミートソースを重ねて,さらにホワイトソースをかけてオーブンで焼いた料理です。給食室では,ゆでたじゃがいも,炒めたなす,ミートソースを混ぜて一人分ずつケースに入れ,豆乳・米粉・マーガリンで作ったホワイトソースを上からかけてオーブンでこんがり焼きあげました。とても大変な作業でしたが,みんなが笑顔で「おいしい」と言ってくれたので,疲れもとんでいってしまいました。







林間学舎、最終日になりました。昨日は、夜のキャンプファイアーは見合わせましたが、体育館で、炎に負けないくらい大盛り上がりでした。帰り道、空を見上げるとそこには満天の星空がありました。

本日は、最後のPAを予定通り出発しています。交通事情にもよりますが、おおよそ予定通り17:00頃学校に帰着。その後、閉舎式をして、解散予定です。




林間学舎、3日目は登山途中に天候が変わったためルートを変更しましたが、将軍平に全員で到着しました。けが人もなく、整然と美しい隊列で登山を終えることができました。夕食後は、キャンプファイヤーを楽しむ予定です。