6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報


 まさに,きれいな気持ちの良い,秋晴れの中,奈良公園へ秋の遠足へ行ってきました。



久しぶりの鹿の子もいれば,初めての鹿の子も。
事前にグループごと立てた計画に沿って,楽しく奈良公園内を回ることができました。
そして,一枚鹿せんべいを渡すと,どんどん攻めてくる鹿から逃げたり,きゃあきゃあ喜んだりと活動を楽しんでいました。




応援ありがとうございました!
11月9日の大文字駅伝 予選会にて,2位の成績でみごと突破することができました。


 走った子どもたちは,「予選突破できてよかった。まだまだ,このメンバーで同じ目標で走ることができる」とほっとした顔をしていました。同時に「ベストが出なかった…,まだまだいけるはず!」と自分に厳しい声も聞こえました。

 次は本選に向けて,またコツコツ積み上げる日々です。さらに応援,よろしくお願いいたします。



12日(火)中等部秋の遠足。5年生は「ほしだ園地」に行きました。
お天気にも恵まれ、散策すると暑いくらいでした。
子どもたちは各ポイント目指してウォークラリー。実習の先生方とゲームやクイズも楽しみました。
山頂付近の大きな橋では、思わず「ヤッホー!」。美しい秋の景色は壮観でした。
お弁当のあとは自由散策。クライミングにチャレンジしている人もいました。
秋を思いっきり楽しむことができた一日となりました。



 雨の日も風の日も,コツコツ毎日走ってきたランニング部。
 一年間,それぞれの目標をもって毎日走り,コツコツ力をつけています。
 このコツコツが今では,本人たちも驚くような力となってきたのを実感することが楽しい毎日です。
 まだまだ道半ばですが,一つの節目として,11月9日(土)に第34回京都小学校「大文字駅伝」大会の国私立小学校,民族学校支部予選会を迎えます。


 各々が気持ちよく,ベストを尽くして走ってほしいと思います。
 また,他の参加校ともお互いのこれまでの積み重ねを感じ合い,たたえ合える気持ちの良い大会になれば幸いです。

 本当につらくなって,気持ちが切れそうになったときの「ファイト!」という応援の声が,「あと少し!出し尽くそう!」と走者の大きな力となります。ぜひ,応援をよろしくお願いいたします。

 11月9日(土)午前9:40,いよいよスタートです。



10月29日(火)の給食は、世界の味めぐりでした。今年度の世界の味めぐりは2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて、これまでに開催された国の料理を紹介しています。10月は前回の開催国ブラジルの料理です。「フェジョアーダ」「ヴィナグレッチサラダ」「ごはん」「牛乳」デザートは「豆乳風味のコーヒープリン」
「フェジョアーダ」「ヴィナグレッチサラダ」と聞いたことのない料理名で、朝いちばんの玄関のポスターと給食の見本を見比べていました。
「フェジョアーダ」はお豆と豚肉の煮込みでブラジルの国民食とも言われています。黒いんげん豆の入った黒っぽい料理です。今回はじめて黒いんげん豆を使いました。豆のくせが少なくなるように2回ゆでこぼしをしました。
食べてくれるか心配でしたが、ベーコンとソーセージも入っていて食べやすかったようで、全てからっぽになって給食室に返ってきました。