6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報 - 3年生

磯観察では、やどかりやアメフラシ、ヒトデなどたくさんの海の生き物に触れることが出来ました。お昼のカツはみんなお代わりをしてご飯のお櫃がどれもこれも空になるまで食べきりました。これで海洋体験すべての活動を終えました。たくさんの思い出を胸に宿を後にしました。



海洋体験2日目の朝です。風が涼しく朝から海岸まで散歩。壮大な海の景色を目に焼き付けていました。朝ごはんの後は最後のプログラムの磯観察です。「うにとったー」とワイワイ楽しそう。自然にどっぷりと親しむ姿が見られました。



午後からは、いかだ作りとキャンドル作りです。綺麗に晴れてきた海岸でいかだ作り。自分で作ったいかだに乗って海へとかけ声大きく漕ぎだしました。また、キャンドルは貝殻やシーグラスなどを拾って、世界で一つだけの思い出の品になりました。





昨日までの雨も今朝はすっかり止み、3年生の海洋体験スタートしました。
予定通り12時過ぎに休暇村に到着し、昼食をいただいています。





海洋体験学習を前に,衣服を着た状態で水に濡れるとどうなるかを体験してもらうため,着衣泳学習をしました。
いつもの水着の状態から,上に体育服を着て水に浸かってみると・・・
「重い!なにこれ!」
「動けへん!」
と,みんなとても驚いた様子でした。
しばらくして慣れてくると,バディーの人と一緒に浮いたり,泳いだりできるようになりましたが,
「いつもよりめっちゃしんどかった・・・。」
と,疲れた表情の人が多くいました。
溺れそうになった時は,無理に泳いで体力を消耗するよりも,浮いて助けを呼ぶ方がよいということを,身をもって学んだ時間となりました。