6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報 - 6年生


 本来の日程から延期され,本日1月24日金曜日,マラソン大会を行うことができました。
 少し長めの6kmマラソン。急に走ることができる距離ではありません。年明けからコツコツ毎日,練習として20分間,ときには30分間のジョギングを行ってきました。自分のペースをつかめたところで,少しずつペースを上げ,個人個人で目標を設定して走ってきました。その結果を発揮するマラソン大会です。
 鴨川の河川敷を気持ちよく走ることができました。
 「とにかくしんどい。なんでこんなことをするのか,とも考えていたけど,終わってみるとなんか気持ちよい」というのは生徒たちの声です。
 自分を追い込むという,人によっては,あまり経験できないことを体験することができました。




今年の登校日も残すところあと1日。12月17日に学年会を行いました。
6年生は,年明けから教室の場所が変わります。新しい教室の使い方や動線の確認などを行いました。
また,冬休みの過ごし方などを確認して・・・


後半は,代議委員(各クラス代表の2人×3クラス)による企画,学年全体での三角ドッジボールを行いました。
これまで合唱コンクールや紫翔祭,紫友祭などクラスで団結する行事は多かったのですが,意外に少なかったのが,今回のようなクラスが混ざり合っての活動です。各チームに3クラスから10人か11人ずつ集まって,3チーム同時,クラス入り乱れのわいわいごちゃごちゃドッジボールでした。




クラスごとのカラーは確かにあると思います。しかし,さすが6年間同じ時間を過ごしてきたメンバーです。ごちゃ混ぜチームになっても,いつも通りの楽しそうな顔でわいわいしていました。
2月末にはスキー宿泊合宿があります。その時もクラスを横断してグループが組まれます。今回のような学年全体の活動をさらに重ねていき,力いっぱい楽しむ合宿にしたいと思います。



紫友祭,無事終わりました。6年生は「学級劇」ドキドキしながらワクワクしながら,そして何より楽しみながらそれぞれの劇を披露しました。クラスによって,劇に加え,歌やダンス,ハカやミュージカルにも挑戦し,様々な表現を楽しむことができました。



時にはセリフがとんだり,劇の道具が見当たらなかったりなど,様々なハプニングがありました。そのハプニングも含めて楽しみ,良い思い出にすることができました。



劇づくりには,様々な学びが含まれます。
どうしたら伝わるか,内容を変えずにもっといい表現はないかなど本気で言葉と向き合います。
三部合唱に挑戦し,それぞれのメロディの響き合いを確認しながら練習もしました。
ダンスでは,自分の動きがどう見えるか。どうしたら雰囲気と合った動きになるのか考え続けました。
いつも仲間との対話があり,よりよくするためお互いのアイデアを擦り合わせることができました。
そして何より,いつも夢中になって楽しく本気で学ぶことができました。

本当に貴重な機会です。

来年度に向けてそれぞれアイデアを練るものとして,少し名残惜しいですが今年度の紫友祭は一旦は終わります。しかし,また来年も思いっきり「夢中になる学び」を楽しみたいと思います。



 まさに,きれいな気持ちの良い,秋晴れの中,奈良公園へ秋の遠足へ行ってきました。



久しぶりの鹿の子もいれば,初めての鹿の子も。
事前にグループごと立てた計画に沿って,楽しく奈良公園内を回ることができました。
そして,一枚鹿せんべいを渡すと,どんどん攻めてくる鹿から逃げたり,きゃあきゃあ喜んだりと活動を楽しんでいました。




応援ありがとうございました!
11月9日の大文字駅伝 予選会にて,2位の成績でみごと突破することができました。


 走った子どもたちは,「予選突破できてよかった。まだまだ,このメンバーで同じ目標で走ることができる」とほっとした顔をしていました。同時に「ベストが出なかった…,まだまだいけるはず!」と自分に厳しい声も聞こえました。

 次は本選に向けて,またコツコツ積み上げる日々です。さらに応援,よろしくお願いいたします。