6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報 - 初等部給食室から

5月13日の給食は,高知県の郷土料理としました。高知県では古くから鰹の一本釣りの漁がさかんに行われてきました。春から夏にかけてが旬の鰹をたたきにして食べるのですが,給食ではできないので,「かつおの南蛮漬け」特産のゆずのしぼり汁であえた「ゆで野菜のゆず香あえ」郷土料理の「ぐる煮」デザートには「あまなつゼリー」をつけました。
今回は,給食当番による配膳の様子をお知らせします。頑張って給食の配膳している1年生の様子です。テキパキと準備をしている姿は、とても頼もしいです。
しかも,日に日に配膳の仕方や盛り付けが上手にできるようになるので,驚いています。



4月22日(木)はお楽しみ献立でした。4月は「春のお楽しみ献立」としました。献立は「たけのこごはん」「鰆の照り焼き」「青菜ともやしのおかかあえ」「すまし汁」「牛乳」そして,お楽しみ献立には必ずデザートを付けています。みんなどんなデザートが付くのか,いつも楽しみにしてくれます。今日は「さくらゼリー」です。花形のカップにさくらんぼとレモン果汁で作られた桜色のデザートです。
 たけのこごはんのたけのこは,土付きたけのこを前日八百屋さんに配達してもらい,給食室できれいに洗い,ぬかを入れて柔らかくなるまで茹でてあく抜きをします。一晩そのまま冷まして,次の日朝いちばんからぬかをきれいに洗い流し,細かく切って美味しくとった出汁で油あげ,人参,こんにゃくといっしょに味付けをしてごはんとまぜ合わせました。
給食は始まったばかりで,1年生はまだ慣れていないと思いますが,今日の給食はモリモリ食べてくれていました。
給食から食の大切さを学んでもらえるような給食作りをしていきたいと思います。