6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報

12年


1年

2年


3年


MYプリ

ローマ字・算数

理科・社会


4年


漢字の広場・漢字

算数

観察カード


中高等部


5年①

5年②

6年

8年

9年

7年


 京都市の取組「がんばれ!京都の子どもたち~オール京都で学びの支援を~」
 休校中の京都市の子どもたちの学習等支援のため,京都市教育委員会,京都新聞,KBS京都テレビが一体となって,「京都・学びプロジェクト」が展開されています。
 4月に行われていた取組ですが,今回は,小1~小3の学年も番組が放送されます。家庭学習の一助としてご活用ください。
https://www.city.kyoto.lg.jp/kyoiku/cmsfiles/contents/0000269/269426/(tirashi)kyotomanabiproject2.pdf



 がっこうの あさがおは,めが でました!
 まだまだ ほんとうに ちいさいですが, これから ぐんぐん そだって ほしいな。


みなさん、お元気ですか?
学校は工事が進み、きっと登校したときびっくりするのではないかなと思います。

ちなみに、国語の課題には「論語」を読むというものがありましたが、きちっと読めましたか?
古典はリズム感が大切なので、声に出して読んでみることも大きな学習になります。

さて、今日ですが、「十訓抄」にある孔子のエピソードを読んで、考えてみてください。
孔子は、もうご存じの通り、その言行が「論語」にまとめられているその人です。
「十訓抄」は鎌倉中期の教訓説話集なのですが、本朝・異朝の説話280が収められ、そのひとつに孔子に関するエピソードの記載があります。短文ですが、それを読んで少し考えてみてください。

(本文)
魯の仲尼、門徒を具して、路におはしけるに、ある所に、垣より馬の頭をさし出だしたるを見て、牛とのたまひけり。はじめはこれを思ひ分かず、おのおの案じめぐらすに、顔回より始めて、思慮の深き次第に心得ける。

【注】
魯の仲尼・・・孔子。春秋時代の中国の思想家、哲学者。儒家の祖。
顔回・・・孔子の弟子。孔門十哲の一人で、随一の秀才。

(考えてみよう)
賢い孔子先生が「馬」を見て「牛」と言った理由はなぜでしょうか?
*孔子の弟子では、秀才であった顔回よりその答えにたどり着きました。



 元気に過ごしていますか?先生たちは,みんな元気に過ごしています。
 今日は,学校内で見つけた春を紹介します。

 みなさんは,いちごの旬を知っていますか?いちごの旬は冬のイメージがある方もおられるようですが,本来の旬は春です。3月から4月くらいの春後半にかけてがもっとも甘くて香りもよく,しっかりと熟した食べ頃を迎えるそうです。
 スーパーマーケットでも,よく売られているのを見かけますよね。

 学校でも用務員さんがいちごを育てています。小さくて赤い実がついてきたので,じっくりと観察してみました。

 見た目や手触り,におい,音など,感じたことを書いてみましょう。課題の参考にしてください。