新着情報

2018.12.10

7年生 紫友祭 ふりかえり

祭は儚い。あれほどに苦労して取り組んだ作品も跡形もなく消えてしまう。でも、その儚さの中に美しさを見る文化を私たちは知っている。
 学芸委員長の「終わりの言葉」を忘れるな。何を学び、何を感じ、絆がどれほどに深まったかが見えた人は成長する。
 振り返ってみよう、日常の学習の成果がここにある。そして、紫友祭で学んだことは、どこかで役に立つ。



2018.12.06

7年生 紫友祭 いろいろ

机に向かっているときより、学ぶことが多い紫友祭。



2018.12.05

7年生 紫友祭 1日目

「一筆啓上 京都で候」
 午前中の舞台では、展示ブースを各クラスが紹介。それぞれに工夫があってなかなかの出来映え。
午後は、D組の劇を楽しんだあと、各ブースに鑑賞者を迎える。どこも盛況で生徒たちは活気にあふれていました。




2018.11.28

7年生 紫友祭 ご案内

「一筆啓上 京都で候」
A組「結び~時代と人をつなぐ京(みやこ)~」
B組「小さな京の歌」
C組「都の古き良き文化 ~人々が守ったおもいやり」
保護者の皆さま、ご来校お待ちしています。



2018.11.16

7年生 愛宕山登山

11月13日(火)、前日に雨の心配があったがなんとか持ちこたえて登山は行われた。道中の所々には、先日の台風の余波が残っていてそれを見ながらの登山でもあった。愛宕神社は、あの明智光秀が「本能寺の変」の前に参った神社として有名なところである。歴史をしのんだ人はいただろうか。
 隊列は、比叡山登山の経験が生きている。代議員や班長がそれぞれの役割を果たすことができた。そして、学級のひとり一人の協力も強固になった。でも、私たちはもっと高みをめざす集団なので、もちろん課題はある。高みをめざす73期の道程は、まだまだ続く。



18 件中 15 件目を表示 1 2 3 4


RSS2.0

login