教育システム

教育方針

小中一貫校としての「教育方針」を定めました

9か年の「教育目標」に対して、初等部(1〜4年)・中等部(5〜7年)・高等部(8・9年)のそれぞれの教育方針を以下のように定めました。

初等部方針

  1. ① 課題に対して自分なりの方法で継続的に活動できる生徒の育成
    • ・学習活動に対しての持続力・継続力・忍耐力を身につけさせる
    • ・学習活動に対して正しく丁寧に行うことのできる力を身につけさせる
  2. ② 自分の感じ方・考え方を育み、豊かに表現しようとする生徒の育成
    • ・あいさつや返事を気持ちよく行うことのできる態度を育てる
    • ・美しいものを美しいと感じ、想像豊かに表そうとする表現力を身につけさせる

中等部方針

  1. ① 自分で課題を見つけ、主体的に判断しながら活動できる生徒の育成
    • ・学習活動などにおいて興味関心の幅を広げ、そこから自らの課題を見出せる力を身につけさせる
    • ・自らの課題を意欲を持って解決しようとする態度を育てる
  2. ② それぞれの思いや考えを伝え合い、協力して目標達成できる生徒の育成
    • ・自らのよさを発揮しながら、他との関わりの中で活動する機会を充実させる
    • ・よりよい学校づくりに向けた自己のあり方を意識させながら活動に取り組ませる

高等部方針

  1. ① 広い視野のもとに自己を理解し、高い知性と実践力をもつ生徒の育成
    • ・学習活動などにおいて、知識や技能を集団や社会に生かす方策を身につけさせる
    • ・高等部学年として、または社会の一員としての自己のあり方を意識させながら活動に取り組ませる
  2. ② 社会貢献意識や国際感覚のもと、自己実現を図る生徒の育成
    • ・個性を認識し、集団や社会へ貢献する態度を身につけさせる
    • ・社会への関わりや集団での自他の特性や自己の将来像を意識させながら活動に取り組ませる




RSS2.0

login