6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

2021年度 新着情報アーカイブ


7年生は,今回紫友祭でできなかったA~C組の「ポスターセッション」を行いました。準備から真剣に取り組む姿が見られ,一生懸命がんばろうとしていました。初めてのポスターセッションでしたが,質問もたくさん飛び交い,とてもレベルの高いものとなりました。



に組社会見学で京都鉄道博物館へ行ってきました!
毎日楽しみにしていた鉄道博物館。やっと行くことができ、到着するとみんなとっても嬉しそう!
「SL機関車に乗ったこと」「トーマスに会えたこと」「スタンプラリーをしたこと」「切符を入れたこと」「JRと地下鉄に乗れたこと」「色々なボタンを押せたこと」「ポケふたを見つけたこと」「全部!」など、子どもによって楽しかったことは様々。
怪我無く、ルールを守って、自分で選んだお土産と、楽しい土産話と一緒に下校しました☆



に組と2年ろ組で、少し早めのクリスマス会をしました!
自分の作ったクリスマス飾りを3つのツリーいっぱいに飾り付けました。
この素敵なクリスマスツリーは、下駄箱・2年ろ組教室前・中央階段前に飾っています!


サンタさんは、この素敵なクリスマスツリーを見て、みんなのことをきっと見つけてくれるでしょう。



総合的な学習で,華道の魅力について調べている3年生。今日は,城野先生にお世話になって,2回目の生け花をしました。手作りの花器に,心をこめていけていきました。主役の花を決めて,花の表情をしっかり見ながら、花器とのバランスも考えて…と,教えていただいたことを一生懸命に表現することができました。明日の懇談会で,3年生の力作をご覧ください。






えがおのたね⑯「紫友祭のおくりもの」
もちろん1年生にとっては初めての紫友祭でした。
クラスのみんなで劇の練習をした日々も,他のクラスのステージ発表を楽しんだ時間も,そしてドキドキの中で迎えた本番の舞台も。今,すべてが素敵な思い出となっているようです。
「楽しかった~!」「またやりたい!」
キラキラした表情を見せる子どもたちにも,少なからず本番に向けた不安や苦労もあったはずですが,それらを共に越えた仲間だからこそ,絆が深まっていくのかも知れません。

「紫友祭」は,『学級の仲間と心を合わせて挑む機会として』,『学校の仲間たちの素敵な姿を見合う機会として』,学校も先輩たちもとても大切に思っている行事です。
「来年も楽しみやな~!」「ぼくらもアドベンチャーするんかな~」「私もいつか,照明してみたいな~!」
2年ぶりの紫友祭。今回1年生たちの心の中に,『未来の紫友祭』への“憧れの種”(ワクワクドキドキ次もがんばるぞ~の種)が贈られたことを,とても嬉しく思います。