6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報2020

初等部栽培・自然委員会 春に向けてお花の苗を植えました。

初等部 栽培・自然委員会では,初等部のみんなと一緒に,春のお花の苗をプランターに植えました。4月に新しく入学してきてくれる1年生が,楽しい気持ちになるように,お花を選んで植えました。4月まで,きれいに咲いているように,お世話をがんばっていきたいと思います。


2月17日(水)の給食は「京都産和牛をいただこう」でした。
京都産和牛は、農林水産業の事業により、学校給食に提供されたもで、10月、12月、2月に給食に取り入れました。
10月は「ビーフストロガノフ」12月は「ステーキ」そして、今回は「焼き肉丼」で給食に使用しました。
給食では、使用できないとてもおいしいお肉が届き、給食室では取り扱うときには、とても緊張しました。
焼き肉のタレには、りんご、玉ねぎ、にんにく、生姜をすりおりしたものにいろいろな調味料をまぜ、煮込んで仕上げました。
霜降りの肉は、炒めるとおいしい脂が溶け出し、香りもよく柔らかくて、子どもたちはパクパク食べていました。
おいしいお肉を提供していただき、本当にありがとうございました。





5~9年D組でお別れ行事を行いました。もうすぐ卒業する9年生との思い出を振り返り、最後に楽しい時間を過ごす行事です。まず、多目的融合教室でお別れセレモニーを行いました。司会は8年生が務め、クイズやプレゼント渡しを行いました。その後、MKボウルに移動し、ボーリングを行いました。感染防止に十分に配慮しながら、最後まで楽しく盛り上がることができました。



先週,ゲストティーチャーをお招きし,全3回で「箏」を体験しました。




意外に力も,コツも要る箏の演奏。
笑顔で困りながら,曲の演奏に挑戦していました。



2月10日(水)の給食は山梨県の郷土料理でした。
メニューは「ほうとう」「人参めし」「すのもの」「牛乳」「みかんの豆乳ムース」です。
「ほうとう」「人参めし」「すのもの」のどれも野菜がたっぷりのメニューで、朝いちばんに八百屋さんから9種類の新鮮な野菜が大量に届きました!
 いつもなら4人の給食調理員で作業をするのですが、時間内に出来上がりそうになかったため(前日のミーティングの結果)、栄養士の私も大量の野菜の下洗いをしました。
 ほうとうは、冷凍のものをスチームコンベクションオーブンで柔らかく茹でて、ほうとうのだしでほぐしておき、盛り付けしやすいように工夫しています。ほんとうは、野菜と一緒に煮込むのですが、盛り付けが大変なのでやむを得なく別々に配缶しました。
 たっぷり野菜を使ったメニューでしたが、どれもほとんどが空っぽで、給食が終わった後の子どもたちは、みんなとてもいい笑顔でした。