6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報2020




 技術科では,ロボホンにプログラミングを行い,プログラミング的思考を学んでいます。単元のゴールを「夢の町 ロボホンタウン」と設定し,自分たちでつくった町を,ロボホンに遊ばせるようにしました。公園でサッカーをしたり,動物園に行って好きな動物について語ったりするプログラミングなど,どのグループも楽しそうなものばかりでした。


3月3日(水)はひなまつりにちなんで「ひなまつり献立」としました。
献立は「ちらしずし」「菜の花のおひたし」「のっぺい汁」「牛乳」「三色ゼリー」
どの献立にもいろいろな食材を入れたので、今日の給食室は大忙しで、みんな黙々と作業を進めました。私もお手伝いしました。なんとか11時50分に仕上がり、無事に各教室前まで給食を運ぶことができました。
ちらしずしは、たっぷり盛り付けられていましたが、なんとほとんど残っていませんでした。1年生に菜の花の味の感想を聞くと「苦~い」と言っていましたが、頑張って食べたようです。毎年恒例の「三色ゼリー」ですが、昔「食べたものよりおいしくなってる」と、先生からの声が聞こえてきました。本当においしいです。 
とても忙しかったですが、どのクラスの入れ物も、ほぼ空っぽになって給食室に戻ってきたので、また明日も頑張っておいしい給食を作ろうという気持ちになりました。





2年生は,学級活動で「おへそのひみつ」について学習しました。

おへそのある・ない生き物クイズをしたあとに,おへそはお腹の中でお母さんとつながっていた証であることや,おへそのくだ(へその緒)を通してお腹の中の赤ちゃんは空気や栄養をもらっていたことを学習しました。また,絵本を通してお腹の中で赤ちゃんがどのように成長するのかを学習したり,妊婦がどんなことに気をつけて過ごしているのか,お話を聞いたりしました。

~生徒の感想~
おへそがお腹の中にいたしょうこだということが知ることができてよかった。

へその緒からお母さんが栄養をおくってくれていたということがうれしかったです。

「がんばって生んでくれてありがとう」と、思いました。

おへそはお母さんとつながっていて本当に大切なものなんだなと思いました。

弟が生まれる時、お母さんがうれしそうに笑っていたことを思い出して、自分の時もそうだったのかなと思った。

お腹の中はきっときもちよかったんだろうなと思いました。お腹の中に赤ちゃんがいると,おへそがふくらむことにびっくりした。

いつか自分のお腹に赤ちゃんがいるときは、ちゃんところんだりぶつかったりしないようにちゃんと気をつけて,おへそを大事にして生活したいです。


 この日は、午前中自由参観で、たくさんの保護者の方が来られていました。
 今回の給食は世界の味めぐりとして、「シンガポールの料理」を作りました。献立は、「シンガポール風チキンライスのチキン」「ごはん」「もやしとわかめのスープ」「牛乳」「オレンジゼリー」ポイントは、トリガラで取ったスープです。チキンライスにももやしとわかめのスープにも使うスープで、朝いちばんから煮だしたスープで、鶏肉を茹で、みじん切りにした玉ねぎにニンニク・生姜・オイスターソース・ごま油・しょうゆをまぜたタレを絡めて盛り付けました。鶏肉を茹でたスープで米を炊くのですが、今回はいたごはんにスープを混ぜてチキンライスとしました。残りのスープにもやし・わかめ・干ししいたけ・ハム・小松菜を入れて「もやしとわかめのスープ」としました。給食時間の前に見本を展示して、なんとか少しでもどのような給食を提供しているのかを見ていただくことができました。子どもたちは、今回もモリモリ食べてくれていました。