6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

2020年度 新着情報アーカイブ - 5年生


先日アップロードした理科の課題ですが,データを軽くする際に画像が乱れてしまいました。申し訳ありません。
今回,部分的に画像を抜いてデータ量を下げ,画像をみることができるものを再度アップロードします。
なお,文章などは全く同じです。参考程度にご利用ください。
また,classroomの中にも,5月25日配布の高解像度版を課題としてアップロードしています。ご活用ください。



まずは前回の問題の解答から。
思考の枠を破る!というとかっこいいですが,様々な視点,階層で同時に考えること,これが大切ですね。

次週,登校日があり,再来週からいよいよ学校が始まります。
これまで出してきた課題,問題でご家庭に何を伝えたかったか。
 「まずはやってみる,考えてみる」
 「分からないを,そして,考えることを楽しむ」
 「家族でわいわい考えを共有して,それぞれの違いが学びを促進することを実感する」
などなどです。

学校が始まったら,すぐにでもこの三つを実践して,学びのある楽しい場所にしたいと思います。
ただし,当面はこの状況下なので,グループで向かい合って,わいわい笑顔でお互いの考え,学びを共有するという行為が,物理的には難しいかもしれません。そんなもどかしさは残りますが,そこはなんとかあの手この手で,乗り越えていきたいと思います。

では,今週の問題に挑戦です。
1問目は「とにかくやってみる」「ありえない,を消していく」です。
2問目は「ラベル付」がヒント。本題は「コンピューターの世界」がヒント?




昨日は課題や配布プリントを受け取りに来ていただきありがとうございます。
月曜日に新しい課題。そして,水曜日に解答やヒントなどのコメント。そして,金曜日にグループミーティング。
流れが少しずつ見えてくると同時に,なんだか学校が始まる兆しのようなものが感じられてきました。

今回は,個人でのネット面談や昨日のご家庭の方から「ホームページの問題に頭を捻っています」「家族総出で楽しんでいます」「解答を!」という声をいただきましたので,遅くなりましたが【解答編】として最初の3問についてアップしたいと思います。
なお,画像は拡大できますので見えにくい場合はご利用ください。







連休中に畑をいじりました。上の写真はその時のものです。三度目の登場ですね。
今回は,畑の変化と新しい問題をお届けします。11日月曜日に配布する課題もありますが,こちらはぜひ家族でわいわい挑戦してみてください。
また「自分のための時間」がこれ程あることもなかなかありません。
これをチャンス!と普段なかなかできないことを始めてみましょう!

では,1枚目。前回のシュラフ型の畝(うね)に肥料を加えて耕し,そして,ちゃんとした畝にしました。
ところで「なぜ耕すのか」これについても考えてみてください。


ここに今回の作物を植えていきます。
ひょうたん(千成兵丹),とうがん(姫とうがん),かぼちゃ(ハロウィンパンプキン,坊ちゃん),トマト(アイコ),バジル(スイートバジル),パクチー(パクチー),朝顔(平安の輝,平安の紅)です。カッコ内が品種です。
楽しみですが,しっかり育つのか心配でもあります。
ところで,この中で直接授業と関係ないものが含まれています。どの作物でしょう?

植えた様子が下の写真です。


この畑が将来的には下のようになる予定です。
夢ですが。


さて,どうなるのでしょう。
ちなみに苗を植えて3日ほど経ちましたが,すでに雑草(という草はないのですが)が新しい芽を出していました。
強いですね。地道に抜いて,水を撒こうと思います。

では,いよいよです。今回の問題に挑戦!




本日,作業をしていると,偶然また猫がやってきました。前回(昨日)の猫でしょうか?
さて,ここはどこでしょう?

理科の準備として元畑の荒地を耕しました。
その後,まだ肥料がなかったので,とりあえず山にし,せっかくなので軽く造形遊びをしました。
肥料が届き次第,崩します。この残らない感じも造形遊びの良さの気がします。

日々の作業や課題。「やらなければ!」と自分を追い込むのではなく,少しの遊び心や工夫で楽しいものにしましょう。


追伸,畑がどう変化したか画像を載せます。ご覧ください。

まずは,境界にシャベルを入れて広さを確認。


全体を耕して土を盛った状態。
肥料と混ぜながら崩す予定です。
しかし,せっかくなので,この形から思いつくものをつくります。


さて,下の画像が完成したものです。
これはなんでしょう?
そうです。シュラフ(寝袋)ですね。
イメージとしては,720FP(フィルパワー)のダウン900gを使った,厳冬期モデルです。
足元のダウンが多めなのがポイントです。


何人かの先生方から「イモムシ?」と言われました。