6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

2018年度 新着情報アーカイブ







植物園遠足がありました。
5年生の生徒は,6年生のリーダーをサポートしながら植物園ラリーやブロックでの遊びを楽しみました。
午前中までに,予定されていたラリーや遊びを行い学校に戻って食事をとりました。その後,短い時間でしたがブロックで遊びました。





5年生の振り返りです。
1年生から6年生までと仲良くなれたことやラリーや遊びを通して名前を覚えることができたことが書いてありました。また,気づいたことや感じたことも素直な文章で書くことができていました。
なかには,リーダーの大変さや臨機応変に対応する姿を見て,6年生のリーダーを見習いたいや来年に向けて,どんなことをするのかを見ていきたいと頼もしい内容もありました。
前向きな姿が,当日の様子や振り返りにも見られました。


本年度もたてわり活動がスタートしました。1年生から6年生が1つのグループになって,学年をこえた友達とともに過ごす活動です。6年生は全員リーダーとして,グループを引っ張っていかなければいけません。第1回目の活動である〝たてわりグループ顔合わせの会〟では緊張した様子が見られましたが,2日の植物園たてわり遠足では協力しあって園内をまわる姿や楽しそうに芝生広場で遊ぶ姿がたくさん見られ,笑顔あふれる1日になりました。6年生は,まだ慣れないリーダーの役目に悪戦苦闘しながらも,下の学年の子達の面倒をしっかりみようと頑張っていました。








今年初めての授業参観がありました。
多くの保護者の方が子ども達の様子を見て下さいました。
授業では,一人で考えたり,グループで話し合ったり,全体への発表をしたりと,子ども達が一生懸命に取り組む姿を見ていただけたのではないでしょうか。
また,6校時には学年集会を開きました。
4月の振り返りをするとともに,次の5月からは学年として挨拶することを意識していくことを確認しました。
最後は,学年全体でグランドで体を動かしながら交流を深めました。





1分間スピーチは,話す内容を考えるとき,論理的思考力を働かせ,聞く時には,しっかり聞くことで傾聴力を身につけ,スピーチする人の意図や背景を考えることでリスペクトすることの大切さを学べる素敵な取り組み。それを生徒たちだけで運営した。運営の中心にいた代議員の力に感心。スピーチの内容は,テーマが自由だったので内容は,家族,ペット,ラーメン,部活やサークルのことなどいろいろとあって面白かった。D組は,足立先生からD組活動報告があってから全員で壇上に上がり発表。多様で個性豊かな学年集団を実感。お互いをリスペクトできて素晴らしい時間になりました。











5年生になり東エリアの生活が始まります。
4月10日は,着任式と始業式の前に,歓迎セレモニーが行われました。
5年生の生徒は,講堂に一人ひとり大きな拍手の中,入場していきました。執行部の生徒からの言葉や中高等部の生徒からも「ゆうき」の歌のプレゼントをもらいました。
最後に,このセレモニーのお礼として,5年生の代表生徒2名がお礼の挨拶をしました。東エリアでの学習や生活に対する期待や自分の前向きな気持ちをしっかりと伝えることができました。