6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

2018年度 新着情報アーカイブ - 6年生

1月18日,上京税務署と京都税務事務所の方々に来ていただき,「財政教育の特別授業」を受けました。まず,税務署の方に,公共サービスとは何か,税や保険料は何のために集められているのか,日本の財政を取り巻く課題などについて教えていただきました。後半は,グループに分かれて,「日本村の予算作り」を行いました。何を大事にするか,歳入と歳出のバランスをどのようにとるかなど,どのグループも悩みながら予算を考えていました。
税金というものがあることは知っていても,それがどのように集められ,どのように使われているか,詳しく知らなかった子ども達。この授業で,これまで知らなかったことをたくさん知ることができました。今回の経験をいかし,今後どのような社会を作っていきたいか,1人1人がしっかり考えていってほしいと思います。上京税務署や財務事務所の方々,本当にありがとうございました。





6年生では,クラスごとに分かれて「花育」の授業を受けました。今回の授業ではいろいろな花に実際に触れ,花や緑の美しさ,生命や個性の大切さについて考える活動を行いました。通常のフラワーアレンジメントや生け花と違い,それぞれの個性や思いを大切にするところが特徴で,子ども達はみんな思い思いの作品をつくっていました。講師の先生方には,お花の心理効果や色彩心理について教えていただき,花を通して今の自分を知ることもできました。持ち帰った作品をお家の人とゆっくり楽しんでほしいと思います。教えて下さった花セラピストの先生方,本当にありがとうございました。





約3週間,学年みんなで頑張ってきた紫友祭の取組が終わりました。6年生はオリジナルストーリーの学年劇「クリスマスの絆」を行いました。紫翔祭の組体操とは異なり,どう演じるかどのように表現するか,自分なりに考えて演じなくてはいけません。自由な分,難しさや戸惑いがあったと思いますが,練習を重ねるうち,この学年ならではのパワーをみせ,本番では素敵な劇を発表することができました。D組のみんなは,に組のみんなと一緒に劇「ブレーメンのおんがくたい」に取り組みました。歌あり,ハンドベルあり,会場中を明るくしてくれました。今回の経験と自信をこれからにつなげていきたいと思います。








13日(火),秋の遠足で奈良に行きました。今回は,グループごとに見学したいところを決め,奈良公園周辺を散策しました。東大寺に行ったグループは大仏の大きさに驚いたり,鼻の大きさと同じ柱の穴を通ったりしていました。天気は心配でしたが,昼は無事若草山で見晴らしのいい景色を楽しみながら,お弁当をたべることができました。鹿と触れ合えたのも良い思い出です。





10月4日(木)紫翔祭が行われました。6年生は,約2か月間練習を重ねてきた団体演技を披露しました。暑さや痛さ,怖さに耐え,みんなで協力して作り上げた技の数々。ブリッジや倒立などの個人技から,ブロッケン・ピラミッドなどの5~15人技。クラスで作り上げる花やみんなでやり遂げた人間おこし。最後はノリノリのダンスできめました。たくさんのご声援を受けて,素晴らしいものに仕上げることができました。