6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

2017年度 新着情報アーカイブ



「今日はあったかいな。」と子どもたちが言うほど良い天気のもと,マラソン大会を行うことができました。ランランタイムの5分間走や,体育の持久走の授業でも毎日子どもたちががんばってきました。スタートする前は,緊張した面持ちの子どももいました。
参加した子どもたちは,力いっぱい走りきりました。去年と比べて「順位が上がった!」「そのままやった。」「下がってしまった~!」と色々な思いの子どもたちでしたが,一生懸命走ったことは思い出に残ることと思います。


初めての研究協議会でした。全国から多くの参観者が見守る中,がんばって学習する姿を見せてくれました。
い組は生活で動物のカードを仲間わけして,その理由を説明しました。ろ組は国語で「だってだってのおばあさん」の紹介カードを作りました。は組は体育で「はぐみーランド」を設定し,色々な動きを個人やグループで取り組みました。
初めての協議会に,緊張した子も多かったようです。それでも,堂々と説明したり,話し合ったり,演じたりとがんばっていました。来年も楽しみですね。











第32回京都市小学校大文字駅伝が11日に行われ,8区間12・385キロのコースを代表のメンバーで駆け抜けました。寒い中での駅伝でしたが,沿道からの大きな声援に励まされ,しっかりとたすきをつなぐことができました。結果は7位入賞。子ども達の頑張りに胸があつくなりました。応援してくださった方々,大会運営にご協力いただいた方々,本当にありがとうございました。




1月30日(火)に滋賀県の琵琶湖バレイスキー場へ行ってきました。当日は太陽が雲に隠れたり,姿を見せてくれたりというものでしたが,子どもたちが琵琶湖バレイの山頂に上ると,太陽が顔を覗かせ,「スキー日和」となりました。山頂でインストラクターの方と対面し,子どもたちはドキドキしながら,グループごとのスキー学習に向かいました。最初はなかなかスキー板が巧くコントロールできず,「あ~~~!!!」「うわ~~~~!!!」「キャッ。」というような声がスキー場に響いていました。しかし,練習を重ねるごとに少しずつ少しずつ上達し,山の斜面を格好よく滑り降りる姿がありました。昼食時には,大盛りのカレーを「もっと食べたい!」などと呟きながら,ペロリと平らげ,早々に午後の活動に向かう様子がありました。インストラクターの先生に「早く滑りに行きたいです!」と意欲的な子もいました。上達してくると,早く滑りたくて仕方がない様子でした。初等部では,1・2年生時に「そり学習」を,そして,3・4年生時に「スキー学習」を琵琶湖バレイスキー場で経験します。4年生の子どもたちは初等部最後の琵琶湖バレイを楽しみました。






2月1日(木)に総合的な学習の時間「はんなり京都」の一環で茶道体験を行いました。「はんなり京都」では,日本文化についての学習を進めていますが,今回は茶道の講師の先生に来校していただき,茶道の歴史や所作などについて教わりました。実際に茶室でお茶を点てた際,泡をたてるために手首を小刻みに動かすことが難しく,なかなかうまくいかない様子もありました。しかし,お茶を点てることができると,「あ~美味しい!」「苦っ…。」などと味わい,それぞれの感想を漏らしていました。今後は,これまでに学習してきたことを,日本文化を知りたい外国の人に伝えるという活動に向かう予定です。