6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

2017年度 新着情報アーカイブ

4年生の総合的な学習の時間「はんなり京都」では,「外国の人に日本文化を伝える」ことを目指してきました。そして,「華道」「祇園祭」「茶碗づくり」や「茶道」について,調べたり,考えたり,体験したりしながらまとめていきました。まとめ編として,ついにそれらを外国の人に伝える活動に臨みました。
2月26日(月)に韓国の春川教育大学の学生や教員の方々が来校されました。事前に作ったポスターやペープサートを使い,実演を交えて伝えたのですが,子どもたちは限られた時間の中で準備物を作成し,当日は堂々と発表する姿が印象的でした。例えば,茶道体験のブースでは,説明する者と実演する者に分かれ,韓国の方が理解しやすいように進めていました。終了後,韓国の方々は一様に「日本文化のことがよく分かりました!」「祇園祭に是非参加してみたいです。」などと日本文化を知り,満足気な表情でした。それを聞いた子どもたちも同じように満足気な表情をしていました。






スキー学習も早いもので最終日を迎えました。今朝は間伐材を使ったネイチャークラフトをしました。好きな絵を描いたり,日付を入れたりして,世界に1つだけのキーホルダーを作ることができました。
そして,お世話になったホテルの方やスキー教室のインストラクターの方々に見送っていただき,ホテルを出発しました。今は車窓から見える雄大な山々を楽しみながら学校に向かっています。





昨晩は,ビュービューと強い風が吹いていました。早朝は大雪で活動できるか心配でしたが,スキー講習の時間には天気も回復し,今日もたくさん滑ることができました。今日の雪質は昨日と違ってやや重い感じだったので,慣れるのに少し時間がかかりました。スキー講習も今日が最後。どの子も目一杯滑ることができました。インストラクターの先生方,丁寧に滑り方を教えてくださり本当にありがとうございました。
明日はいよいよ最終日です。






今日も天気に恵まれ,朝からたくさん滑りました。最初は少し不安そうだったリフトですが,何度も使ったのでどの子もスムーズに乗れるようになりました。
山の上に行くと,美しい冬景色が広がっていました。また,講習中にはカモシカや猿の親子に遭遇しました。今日は目でも楽しんだスキー講習となりました。
今晩は学級レクリエーションを楽しむ予定です。







2月26日に保健室(養護)の先生と一緒に「わたしのたんじょう」(保健指導)を学習しました。
授業では,生まれた赤ちゃんとお母さん,お姉ちゃんが写っている写真を見て,みんながどんな気持ちなのかを考え発表していきました。「お母さんがうれしそう。」や「お姉ちゃんも笑ってる。」,「大きくなってほしいと願っている。」などなど。
その次に,3キロの赤ちゃん人形を抱っこして,生まれた時の赤ちゃんの重さを実感しました。「思ったより重いで!」「軽いと思ったのに」「自分が生まれた時と同じくらいなんや」「お母さん大変やな」という声とともに,人形を本物の赤ちゃんのように丁寧に抱っこしている姿が見られました。
最後に,家の人に書いてもらった手紙を読みました。家の人が,どんな思いだったのかなどを知り,子ども達なりに考えることがあったようです。