6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報 - 初等部給食室から

 10月28日(水)の給食は青森県の郷土料理を出しました。
 10月の給食目標は「旬の食べものを味わおう」です。秋は「味覚の秋」といっていろいろな食べものが「旬」を迎えます。今月はりんごの生産高日本一の青森県の郷土料理を紹介しました。
 青森県の郷土料理「せんべい汁」を作りました。 せんべい汁に入れるせんべいは、小麦粉と水で作られたせんべい汁用のものです。丸いせんべいを細かく割り、煮干しとかつおぶしでとっただしに秋野菜や鶏肉、油あげ、ちくわを煮込み、最後に割ったせんべいをたっぷり入れて、柔らかくなるまで煮込んだ、具だくさんのおつゆです。たくさん作りましたが、ほとんど空っぽになっていました。
 デザートのりんごは、給食調理員さんが、1個1個丁寧に洗っています。
 りんごの品種は、日本だけで約2000種類もあるそうです。お店にはこんなにも並んでいませんが、よく見るといろいろな名前のりんごがあります。香りや食感もさまざまです。この秋、いろいろなりんごを食べ比べてみてはいかがでしょうか。