6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報 - 初等部給食室から

11月24日は語呂合わせで「いいにほんしょく」とし、一人ひとりが「和食」文化について理解を深め、和食文化の大切さを再認識するきっかけの日となっていくよう願いをこめて制定されました。給食でも「和食」にちなんだ献立とし、給食委員さんが「和食」の魅力について説明してくれました。献立は京都の西京みそ(白みそ)に旬の鰆をつけこんで焼いた「鰆の西京焼き」、京都のおばんざいとして「ひじき炒り煮」、デザートには和菓子の「芋ようかん」としました。どれもしっかり食べていて、デザートはいつも洋菓子が多いですが、和菓子も好まれたようでした。和食の魅力を感じ、しっかりと伝統を受け継いでくれればと思います。