6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報 - 初等部給食室から

6月11日の給食は「熊本県の郷土料理」でした。献立名は「びりんめし」「つぼん汁」「きびなごのからあげ」「牛乳」デザートは「河内晩柑」の予定でしたが,八百屋さんから,今年の収穫は終わったので入らないと言われ,急遽「あまなつゼリー」に変更しました。
「びりんめし」にはたくさんのとうふが入ります。とうふを鍋で炒りつけると「びりん,びりん」と音がします。その音から「びりんめし」という名前がついたそうです。給食室でもとうふを炒ると,確かに聞こえてきました。
「きびなごのからあげ」は熊本県の郷土料理ではありませんが,京都府学校給食会から長崎県五島列島沖で水揚げされ,その日のうちに凍結加工した新鮮なきびなごです。というお知らせがあり,使用しました。ちょっとほろ苦く,こどもたちは嫌がるかなと,心配しましたが,完食するクラスが多かったです。
今回は2年生のこどもたちが給食の準備をする様子をお知らせします。1年生の時は一度も給食当番することができず,みんな初めてです。やっぱり2年生ですね。初めてでもすぐにテキパキと準備できるようになっています。何より嬉しいのが,「給食当番の仕事が楽しい」と言ってくれることです。