6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報


3年生から始まる理科の学習が進められるように、先生たちで4しゅるいの植物のたねをまきました。
さて、なんの植物のたねかわかるかな?理科の教科書で調べてみてね!



みなさん 元気ですか? 
担任の先生やクラスもわかり、「学校に来たいなぁ」という気持ちがふくらんだかと思います。残念ながら、今すぐみなさんに会うことができませんが、いつ学習がはじまってもよいように準備を始めています。まずは、学年の畑に「あるもの」を植えました。さて、何を植えたのでしょうか?理科の教科書を見るとわかります。


新型コロナウイルスの感染拡大防止のために臨時休校が続いています。このような状況の中で子どもたちは次のような状態を見せたり、訴えたりすることがあります。これらは誰にでも起こりうる正常なもので、心のバランスを保つ役割を持っています。適切に対応すればそのうちおさまります。子どもは大人が考える以上に過敏で不安になりやすいことを理解し、安心感を与えることが基本となります

○子どもたちには次のような反応が現れる場合があります
 ・寝付きが悪かったり、夜中に目を覚ましたりする  ・食欲がない
 ・普段はあまり言わないのに、頭痛や腹痛を訴える
 ・不安がる  ・ふさぎ込む
 ・いつもよりテンションが高い  ・怒りっぽくなる  ・過敏になる
 ・いつもよりも親に甘える  ・落ち着きがなくなる  ・反抗的になる  など

  →反応が強かったり、1~2週間を越えて継続したりするときはスクールカウンセラー等の専門家に相談してください

○このような対応が有効です
 ・「大丈夫だよ」「なんとかなるよ」と言葉で伝える
 ・新型コロナウイルスに関する正しい知識や予防法を子どもにわかる方法で伝える
 ・可能な限り規則正しい日常生活を送る(食事・睡眠・適度な運動)
 ・リラックスしたり楽しんだりする時間を持つ
 ・家族団らんや友達との関わりを可能な方法で持つ
 ・マスコミの過激な情報に振り回されない

  →大人の愚痴を聞かせたり、イライラして叱りすぎたりしないように気をつけましょう。非常時ですので、いつもよりは少し大目に見てあげてください。日常のちょっとしたことを褒めるなど、優しい言葉かけを心がけましょう。

 保護者の皆様にとっても、先の見通しが立たないこと、子どもの見守りと仕事の負担、経済的な影響、活動の制限、在宅時間の長期化などで、十分に子どもたちに目が向けられない個々の事情があると思います。保護者の皆様ご自身も上記のことを意識して、ストレスをため込まれませんよう、お過ごしくださればと思います。子どもたちのことに関する不安は、学校までご相談ください。スクールカウンセラーの電話相談も可能です。

スクールカウンセラー 荒井久美子


皆さん、こんにちは。
学校は休校中ですが、春はいつも通り来ています。


「オオイヌノフグリ  ヒメオドリコソウ
 ムラサキカタバミ  カラスノエンドウ」


「カンサイタンポポ セイヨウタンポポ シロバナタンポポ」
違いは理科の教科書を調べてくださいね。


これはハルジオン?ヒメジョオン?
教科書でしらべてみましょう。

なかなか外に出ることがむつかしいとは思いますが、外に出たときはまわりにある春を探してみてくださいね。


連絡・・・7年生の教科書配布にて数学の問題集「ステップ演習」は配布しておりません。お知りおきください。


1年生のみなさんへ
 あたらしいコロナウイルスのびょうきのため,ざんねんですが,にゅうがくしきはちゅうしになってしまいました。がっこうもおやすみがつづいています。はやくがっこうがはじまって,みなさんが,げんきにきてくれることをまっています。
 ふぞくしょうちゅうがっこうには,うんどうじょうやつきやまなど,おもしろいばしょがたくさんあります。うんどうかいやたてわりかつどうなど,わくわくすることもたくさんあります。きゅうしょくもとてもおいしいですよ。
 がっこうがはじまったら,せんせいやおともだち,やさしいおにいさん,おねえさんたちといっしょにたのしくすごしましょう。