6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報

えがおのたね③「がんばれ!アサガオ」
今,子ども達が登校して最初にしていること。
それは,アサガオの水やりです。毎朝,教室へ向かう途中で必ず見える自分たちのアサガオ。大切なアサガオの変化を楽しみに登校してくる子も少なくないようです。自分のアサガオに駆け寄り,「大きくなってる~!」と見つめるまなざしには,愛情すら感じます。
あっという間に葉っぱが出てきた子,「まだかまだか」と土からそろそろ出てくるはずの“何か”を探している子。どの子にとっても,これから続くアサガオの栽培は,生長の喜びに触れる機会,まさしく”笑顔の種”となっていきそうです。


今回の遠足は,実施できませんでした。
そこで2年生は,タブレットを使って,オンライン遠足をしました。

ロイロノートを使って健康観察をしたあと,マップを見ながら建勲神社と船岡山公園へ。
写真を見て感じたことや自分で地図を動かして見たこと等を,メモしながら過ごしました。

慣れない操作もだんだんとできるようになり,「楽しかった」や「やっぱり行きたかった」,さらには,「ほんでいつ行くの?」という声も・・・。

また機会があれば行ってみてください。






第1回総合学習で、ガイダンスをおこないました。「グローバルとは何か?」という話を導入に、タイとの国際交流、そしてグローバルをテーマにしたこれからの総合学習の見通しを持ちました。日本文化講座のコースの選択希望調査も実施し、次回から本格的に活動が始まります。調べたことや体験したことをまとめたり、発表したりするだけでなく、そこから学びをつなげ、自分ごととした探究的な学習を進めていきたいとおもいます。


7年生の第1回総合学習では,東北大学の先生の講演および未来塾の方々からのお話をリモート形式で行いました。「どうして日本は原子力発電を選んだの?」をテーマに,ご講演を頂きましたが,メモをとりながら一生懸命考えていました。その後の質疑応答はとても有意義なかたちとなり,また振り返りでも自分の考えている意見を出し合いながら,今回の学習を行うことができました。


前の時間に筆の持ち方を確認しました。いよいよ「横画」の練習です。どのクラスも集中した雰囲気の中、丁寧に筆を運ぶことができました。書いた作品を見ながら、上手く書けたところをにこにこしながら伝え合っていました。