6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報


6月6日に、に組は東エリアを探検しました。8年D組のお兄さん・お姉さんが案内してくれました。5~9年生が生活する教室や行事の時に来る場所などを見学しました。探検後には、8Dのつくった修了書ももらって、嬉しそうでした。来週のスマイルフレンドタイムに向けて、8年生とも仲良くなれました。



毎年、に組と5・6Dでは、北下支部7校のお友達と一緒に運動会や作品作りを通して交流を深めています。6月6日に今年度初めての顔合わせの「北下よろしく大会」を、合同運動会の会場校である紫明小学校で行ないました。
始めに、学校紹介と自己紹介を行いました。2部では、紫明小学校の4~6年生のお友達と一緒に猛獣がりをして遊びました。第3部では、紫明小学校の1~3年のお友達と「エビカニクス」や「よろしくね」を踊りました。たくさんのお友達と交流して、嬉しく楽しそうな姿を見ることができました。次の北下合同運動会でも、たくさんのお友達と競ったり、協力したりして楽しんでほしいですね。



 社会科の学習として「税,財政」について,近畿財務局,上京税務署の方に来ていただきタイアップ授業をしていただきました。
 ちょうど社会科の授業で「税金」について学習したところです(本校では9年一貫の教育を考え,6年生の社会科も独自のカリキュラムを組んでいます)。「財政」「歳入」などの言葉が出てくると,「ああ,そういうことか」と,これまで学んだことと関連付けながら話を聴くことができました。



 後半は,実際に歳出の計画を立てるワークショップを行いました。
 まずは,国,自治体の立場で「なにを大切にするか」とヴィジョンをグループで話し合い,その「大切にするもの」を根拠にしながら,グループごとで相談しながら予算を振り分けます。
 「軍事費はいらないかな」「けど,災害のとき自衛隊がなかったら困るよ」「うーん」。「少子化ならもっと子育てに支援入れなきゃ」「けど,どれも大事で削れない…」「うーん,増税?」。
 などなど,視点を広げながら,それぞれの立場,思いを大切にしながら予算案を作成していました。

 税金を入り口にして,日本の姿,立場による考えの衝突,などなど様々な分野に話を広めながら,学びを深めることができました。


今日は6月4日 虫歯予防デーです。
そこで今日のメニューは,しっかり噛もうカミカミメニューということで,味噌汁には「大豆もやし」が入っていました。
よく噛んでだ液をだすことは虫歯予防にも大切です。咀嚼することの大切さも伝えながら食べてもらいました。