6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報

 担任の先生からみなさんへ電話をさせてもらいましたが、元気そうな声を聞くことができて安心しました。なかには、課題を全て仕上げたという声もたくさん聞き、新しい学年のスタートに気合いを入れている様子をうかがうこともできました。

 さて、4月17日に「考える癖」を付けて欲しいと書き、理科に関する問題を一題紹介しました。昨年の理科の授業を聞いていた人には、東京大学の入試問題といっても簡単だったかもしれません。「晴れた夜は雲がなく、地表から熱が逃げていき、地表付近に熱がとどまらないため、温度が下がる。逆に、雲があると地表から逃げた熱が雲に跳ね返され、地表付近にとどまるため気温は下がりにくい。」というようなニュアンスで、100字以内の解答が作れていると正解になります。もちろん、「なぜ?」と聞かれているので、解答は「~から。」で終わらせるように作って下さい。

 「考える癖」を付けるために、今日も一問。下の写真にある4コマ漫画のつじつまが合う話になるように2, 3, 4コマ目の展開を考え,1コマ目の説明文にならって2, 3, 4コマ目に対応する説明文をそれぞれ1文の英語で考えてみて下さい。ちなみに、注意事項は次の二点です。注意①「吹き出しの中に入れるべき台詞そのものを書くのではありません。」、注意②「1コマ目の説明文同様,直接話法を用いてはいけません。」です。なお、1コマ目の説明文は「Susan’s father was reading a newspaper when he noticed her happily getting ready to go out, so he asked her where she was going.」です。さぁ、2~4コマ目の説明文はどうなりますか?実は、これもまた東京大学の入試問題ですが、みなさんの英語の力で充分解答が可能なはずです。大切なのはたくさん単語を知っているとか、文法をしっかり学習しているということだけではなく、普段から身の回りのさまざまな事象について関心を持ち、それについて自分の頭で考え、それを即座に、かつ簡潔に表現できるかということです。学習や受験勉強と言えば、何かを覚えるとか知るとかに目が行きがちですが、考え、判断して、表現することがこれからより一層大切になってきます。さぁ、今持っている英語の力を駆使し、しっかりと考えて、この4コマ漫画の説明文作成にチャレンジして下さい。



きのうの, みっしょんは できましたか?
さて,きょうの みっしょんです。
②『なふだの つけはずし』
なふだの つけはずしは,できるようになりましたか?
はりが すこし こわいかも しれないけれど,
だいじょうぶだよ!
がっこうが はじまったら すぐにできるように れんしゅうしよう☆





5年生の皆さんへ

写真は学校にいた猫です。さてどこでしょう?
学校が始まったら,この葉や床を探してみましょう。

さて,休校が続きますが,いかがお過ごしでしょうか。
いつも以上に忙しく過ごしている人もいれば,なにをすれば良いのか…と途方に暮れている人もいるかと思います。
先週,配らせてもらった課題も,そろそろ終わる頃ではないでしょうか。
というわけで,新たに問題を掲載します。
と言っても,宿題!課題!というのではなく,頭の体操だと思って,ぜひご家族で取り組んでみてください。
考える習慣。それを楽しむ習慣。これは維持して,学校が再開したとき,すぐにグッと考え,楽しむことができるようにしましょう。
そのために,少しクイズを楽しむつもりで取り組んでみてください。

では,問題に挑戦!まずは【社会】!


日本ってどんなところ?に答えるとき,まずは場所ですね。
では,その説明に使う「地図」についての問題です。
日本からチェコに飛行機で行こうとすると上のような経路になります。
これは,サービス心で,ちょっと立体的に飛行機の経路を描いた訳でなく,純粋に通る「経路」です。
なぜ,日本とチェコを定規で結んだ直線にならないのでしょうか?
考えてみましょう。

では,次は【算数】!


これは,「とにかくやる!」です。
算数の基本は「まずはやってみる!」
すると色々見えてきます。「できない…」「三角形を作るには…」「直線がどう交われば…」などなど。
何個も星マークを書いて頑張りましょう!

次は…【理科】!


図がわかりにくいですが,底の丸いプリンをひっくり返したところを想像してみてください。そんな噴水です。
実際にこの銭湯に行って実験をしてみたい人は,ご連絡ください。

では,今しばらく,思考の旅をお楽しみください!




3年生の理科では,「こん虫のそだちかた」を学習します。
畑で見つけたモンシロチョウのよう虫を先生たちは続けてかんさつしていこうと思っています。
3年生のみなさんも,この先よう虫がどのようにそだつか,よそうしてみてください。


 4年生のみなさん,毎日読書はしていますか?本を読むことはとても大切です。新しい言葉を覚えたり,読む力がついたり,考える力も身につきます。毎日,10分でも良いので集中して読書をする時間をつくりましょう。
 最近,先生は詩が沢山載っている本を読みました。その中でも,特に心に残った詩を紹介します。

     『ひとつのことば』 北原白秋

ひとつのことばで けんかして ひとつのことばで なかなおり

ひとつのことばで 頭が下がり ひとつのことばで 心が痛む

ひとつのことばで 楽しく笑い ひとつのことばで 泣かされる

ひとつのことばは それぞれに ひとつの心を 持っている

きれいなことばは きれいな心 やさしいことばは やさしい心

ひとつのことばを 大切に ひとつのことばを 美しく