6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報

2回目の総合学習は,原子力発電環境整備機構の職員の方の講演でした。「高レベル放射性廃棄物の地層処分について」という題で講演をして頂きましたが,丁寧にお話をして頂いたことや途中の実験,また振り返りなどで自分の考えにとどまらず,仲間の意見や考えを聞くことで,たくさん深めることができました。


えがおのたね⑤ 「プール」
子どもたちは頑張っています。本当は「ワァ!」「キャ~!」って叫びながら楽しみたいはずなのです。それが,水遊びの醍醐味の1つです。でも,ちゃんと叫ばずに楽しんでいます。
無言で腰洗い層につかり,一人ずつシャワーに打たれ,プールにも静かに入ります。
シャワーに時間がかかる分,活動できるのはあっという間の時間ですが,それでも笑顔を忘れず水遊びを楽しむ姿からは,改めて子どもたちの素直さとプール学習の持つ魅力を感じることができます。



6月23日の給食は,お楽しみ献立の日としました。世界の味めぐりで「タイの料理」を出しました。
メニューは「ガイヤーン」「ヤム ウンセン」「もやしのナンプラースープ」「ごはん」「牛乳」デザートは,「レモンの豆乳ムース」を付けました。
「ガイヤーン」とはタイ風焼きとリです。レモンの搾り汁やハチミツ,オイスターソースの入った調味料に漬け込んだ鶏肉をスチームコンベクションオーブンで焼きました。「ヤム ウンセン」は,タイ風春雨サラダです。味付けにレモンの搾り汁とカタクチイワシを発酵させた「ナンプラー」が入っています。タイの料理に欠かせないレモンですが,たくさんのレモンを絞る作業は大変でした。熱湯に少し漬けて皮を柔らかくすると搾りやすくなりました。
無事に美味しく仕上がり,今日もほとんど残さず食べてくれました。
世界の味めぐりの日や郷土料理などのお楽しみ献立の日は,いつも放送で今日の給食についてお知らせしています。給食委員会では,委員のみんなが順番に世界の味めぐりや郷土料理について調べてくれて,いっしょに放送しています。今日は初めて、オンライン放送で行いました。カメラの前で発表してもらうことを伝えると,張り切っていました。集合時間より10分も早く集まって,堂々と発表してくれました。





 花がさいたよ! 
 黄色い小さいお花がさきました。
 これから どんどんさいてくるかな。
 もう「トマトのにおいがする〜」という人もいますね。

 もう少し かんさつをつづけましょう。


 先日できなかったスポーツテストのうち,運動場で実施する種目を教育実習生とともに行いました。
 現役部活動に所属している実習生に教えてもらい,ソフトボール投げ,50m走,握力の3種目をしました。

 待っている間は,築山でアイスブレイク。そして終わったら,4月にできなかった学年玉入れリベンジ!
 生徒対実習生・・・
 実習生強かった!本気だった!

 ちなみに,藤澤先生のソフトボール投げの記録は,40mでした。