6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報 - 6年生

 7月17日(水),日新電機株式会社の方に来ていただき,電気とエネルギーについて体験させていただきました。
 様々な発電方法がありますが,大きく分けると「太陽光発電」と「発電機の回転による発電」。ここから2つの発電の違いを実際に体験しました。



 梅雨の中,天気が心配でしたが,台風の影響で奇跡的に晴れて太陽光発電を存分に楽しむことができました。実際に発電している電気量を確認することができ,太陽光パネルを傾けたり,パネルに影を落としてその影響を見ながら発電していることを実感することができました。



 そして,次は回転による発電です。15分間クラスのみんなで交代しながらペダルをこぎ,発電しました。一人30秒程度でしたが,思いっきりこぎ続けると,なかなか厳しく「太ももの表も裏も痛い…」「これは大変だ」と発電の大変さを実感していました。
 また,発電以外にも,実際にソーラーカーに乗って,電気を使うこともしました。(写真下)



 最後の質問時間には,沢山の疑問が出されました。
「電機はつけっぱなしと適当に切ったりつけたりするのでは,どちらがより消費されるのか」
「送電による電気のロスはどのくらいあるのか」
「なぜ発電できるのか」などなど。
 時間が来て,いったん解散した後も,何人かの子どもたちが残ってさらに質問する姿がありました。
 実際に体を動かしながら興味を引き出していただきました。昨年度の「電磁石」の学習。また,今年度の「発電(電気の性質とその利用)」の学習,そして,今回の「エコ発電体験教室」。これらをつなげながら「電機,エネルギー」の学習を深めていきたいです。