6-3制の小学校・中学校から,4-3-2区分の9年制義務教育学校へ

新着情報 - 6年生


 7月12日(金)に京都の蛇塚古墳,天塚古墳,そして広隆寺の見学へ行ってきました。
 おりしも,百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に登録されたばかりです。授業では,そんな話も交えながら,古墳とは何か,何の目的で造られたのか,など考えてきました。そして,いよいよ古墳の見学です。

 上の写真は天塚古墳です。実際に古墳の周りを歩き,古墳の形を感じることができました。さらに,石室に入ると外と違う不思議な雰囲気を感じることができました。



 こちらは蛇塚古墳。現在残っているのは石室のみですが,先に訪れた天塚古墳の石室と比べることで,造られた当時の大きさを想像することができました。



 そして,最後が広隆寺です。
 この広隆寺にへ向かう途中,「京都の町は平安時代?じゃあ古墳時代は?」「その頃は今とは大分違う土地だったのかな」など京都と古墳を結び付けて話す様子も見られました。
 この最後の広隆寺と二つの古墳のつながりを聴き,その時代の秦氏の力の大きさなどを想像しながら散策を楽しむことができました。