新着情報

2019.03.05

2年生 生活科「動物のお話」

生活科の学習で,元京都市動物園飼育員の高橋さんをお招きし,お話をきかせていただきました。18歳から約45年間,ゴリラやキリンなど様々な動物の飼育を担当された経験をもとに,写真を使ってそれぞれの動物の特徴や,苦労した話などを分かりやすく話していただきました。
目を輝かせてお話を聞いていた子ども達からは「一番飼育が大変だったのは何ですか?」という質問が出ました。さて,高橋さんは何とお答えになったでしょう。次の3つからお選びください。
① アムールトラ   ②オオミズナギドリ  ③キリン

正解は②です。肉食の猛獣でも,大型の動物でもなく,高橋さんが迷わず選ばれたのは,オオミズナギドリという鳥でした。餌をなかなか食べてくれなかったのだそうです。
自分の身を守る大変さや,体力的な大変さではなく,「命を守り育てること」の大変さを伝えてくださった高橋さん。2年生の子どもたちが今年度,国語「動物園のじゅうい」や学活「花育」「おへそのひみつ」そして,生活「ひろがれわたし」などで触れてきた,かけがえの無い『生命』について,また別の視点から感じることのできた時間となりました。





RSS2.0

login