新着情報

2018.12.10

7年生 紫友祭 ふりかえり

祭は儚い。あれほどに苦労して取り組んだ作品も跡形もなく消えてしまう。でも、その儚さの中に美しさを見る文化を私たちは知っている。
 学芸委員長の「終わりの言葉」を忘れるな。何を学び、何を感じ、絆がどれほどに深まったかが見えた人は成長する。
 振り返ってみよう、日常の学習の成果がここにある。そして、紫友祭で学んだことは、どこかで役に立つ。



1 件中 11 件目を表示



RSS2.0

login